カッコいい

こんなアンケートの結果があります。90歳以上の老人に聞いた質問です。「90年の人生を振り返り、後悔していることは何ですか?」 この質問に対して、90%以上の人が同じ答えでした。それは・・・、「もっと冒険しておけばよかった」 あの世には、お金も家も持っていけません。だから、財産を失うことは、不幸なことではないんです。では、この世の最大の不幸は何でしょう?それは・・・、死ぬ前に後悔することです。死ぬ前に後悔することこそが、最大の不幸です。では、9割もの人が死ぬ前に、もっと思いっ切り生きればよかったと後悔するような社会になっているのは何故でしょう。それは人からの比較から「他人の目」を気にしすぎたり、お金や勝ち負けの結果に縛られすぎて、一番大切な「生き方」を置いてきぼりにしてしまったからだと思うのです。「生き方」とは、生きる「目的」と、そこから生まれる「美学」だと思います。人は誰でも人生は一度きりと頭でわかっています。しかし、本当に心の深いところで、それを理解できているのかというと、ほとんどの人が、それほど切羽詰まった思いで人生を送っていません。私自身もコロナ前までは人生に終わりがあることを真剣に考えたことはありませんでした。コロナ感染拡大の恐怖、未来への不安の中で、終わりある人生を悔いなく生きるにはすればいいのか。コロナは今後の生き方を自問自答するきっかけとなりました。死ぬ直前に「あー、楽しかった。思い残すことは何もない」と言って死ねるような人生を送れたら最高だと思います。

コロナにより、私が所属する尼崎JCシニアクラブは2年間ほぼ活動ができない状況が続きました。現役達の活動もメンバー同士の交流ができないことによるコミュニケーション不足から一体感が無くなり、相次ぐ退会や新規会員拡大が進まない状況が深刻な問題となっています。現役の衰退はシニアの衰退へと繋がっていきます。コロナ初期、現役支援と称して現役メンバーの経営する飲食店へ食事に行ったり、私の会社のメンテナンス工事や改装工事などを現役メンバーの会社へ依頼したりしましたが、数多くいるメンバーの支援には程遠いのが実情でした。逆に、現役メンバーの頑張っている姿からそれぞれの「カッコイイ」を感じることができました。飲食店へ訪問した時、「みんな同じ条件なので頑張るしかありません」に「カッコイイ」、メンテナンス工事を依頼した時、「仕事ありません。死に物狂いでやります、仕事ください」に「カッコイイ」、改装工事を依頼した時、「コロナで取引業者の相次ぐ倒産で資金繰りが大変です。キャッシュフローを回すために、一晩中、仕事してます」に「カッコイイ」。彼らには経営の苦難に直面しながらも、それぞれの「カッコイイ」がありました。彼らと触れ合い思ったことは『「私も負けられん」もっと、チャレンジして後輩たちの手本となれるような「生き方」をしよう、先輩として「カッコイイ」背中を見せたい』と強く思いました。「役職は人を育てる」という言葉がありますが、会長という役割を受け、コロナに遭遇したからこそ、私自身の役割を考える機会を得て、自分自身の成長に繋がっていると思います。

コロナが世界中の人達の仕事や生き方を大きく変えるきっかけになりました。コロナによってダメになった業種もあれば、逆に大きく業績を伸ばした業種もあります。業種の問題だけでは無くコロナ時代に合った仕事のやり方への変換も余儀なくされ、働き方の大きな変換にもなりました。コロナ時代を生きる上で、大事なことは、心からトキメク「目的」を持つことだと思うのです。何のために生きるのか、目的がないから美学がない、美学がないから自分の中にあるはずの行動基準もない、故に安易に周りに流されてしまい、人生から生きがい、やりがいが消えてしまうのです。それは美しいか、それは楽しいか、それはかっこいいか、コロナが起こったからこそ、そんなことが大事だと思えるようになりました。コロナは私自身の内にある「生き方」や「美学」を思い出させてくれるきっかけとなりました。ただ生きるだけでは、人として立派な生き方とは言えないのでは、、、。人格に高低があるように生き方には美醜があります。重要なのは美しく生きること。美学を持って生きて初めて自身が楽しさを感じ、周りの人からカッコイイと思われ、世の中の役に立てる人になれるのではないかと思います。損得と勝ち負けばかりを目的にしていくと、人生から「面白さ」と「カッコよさ」が消えてしまいます。複雑化し、不安定で先の見えない未来、このような混迷の時代は「この先どうなるんだろう」と考えるよりも、「こうなる、こうする」と、決めつけてやりたいことをやり尽くし、目の前にあることを一生懸命に生きることが大事な事だと思います。「カッコイイ」とは超積極的にチャレンジする姿と、そのチャレンジを楽しんでいる姿、その姿が魅せる面白さだと思います「もっとかっこよく生きたい」「もっと楽しく生きたい」「日本をもっと面白くしたい」今、大事なことは目指すこと。天を見上げて生きること。理想を描いたほうが、絶対人生は面白くなると思います。

 

参照「昨日の自分に負けない美学」

2022/05/01