夢の途中

10年程前に読んだ本『夢に日付を!夢をかなえる手帳術』(ワタミ創設者 渡邉美樹著)が生き方を変えるきっかけとなりました。その本には渡邉氏が実践してきた、手帳を活用した夢の叶え方が書かれていました。夢の実現に必要な項目を考える、何をいつまでにすべきなのかを知る、その項目を手帳の中の日付に記入する、夢を行動化し、なし遂げた項目を赤ペンで塗りつぶす。その頃の私は渡邉氏と似ていて、真面目にコツコツと努力することが立派な経営者への道だと考え、スケジュールを日々こなしていました。この日は毎月発行される経営書を読み知識を高める、この時間はセミナーへ行き未来必要な経営のノウハウを学ぶ、この時間は交流会に行き人脈を増やすなど。しかし、何も変わらない、あまり大きな成果も出ない日々が続いていました。そしてある日、嫌々スケジュールをこなしている自分に気づき、これ以上渡邉氏のような生き方はできない、そんな思いから生き方を変えました。

 
大きく変えたキーワードは「努力」から「楽しむ」でした。無理して頑張らない、努力はしない、考えるのではなく感じる、夢の実現に必要かどうかより自分が楽しいかどうかを重要視して行動しました。読まなければならない本は読まない。読みたいと思える本を読む。セミナーには行かない。出会いは天に任せる。すると、大きな変化が起こり始めました。楽しく付き合える多くの経営者と出会い、やがて彼らが仲間と呼べる存在に変化し、互いに高めあう関係になりました。新たなビジネスが始まり、仲間が新たな仲間を連れてきてくれるようになりました。広がる世界観、広がる行動範囲、仕事が遊び、遊びが仕事、人生をかけてやる遊びが仕事。楽しくて、楽しくて、最高の環境で生きていることを実感できるようになりました。「成功したから楽しいのではなく、楽しいから成功する」こんな境地に至りました。

 
運が良かったのか、偶然なのかはわかりませんが、この数年で出会い力が高まってきたように感じます。素晴らしい方々との出会いは必然に思えてなりません。出会いは早すぎず、遅すぎず、絶妙のタイミングでやってきますが、その時、自分自身に力がなかったり、出会う方と大きくステージが違ったりすると、残念ながらそれはご縁とはなりません。同じステージにいるからこそ共鳴し、響き合える関係を築くことができるのだと思います。どうすれば出会い力を高め、幸せな人生を過ごすことができるのか?私の持論は、自分自身の考え方や生き方が大事。一つ目は目の前にあることを誠実に一生懸命に取り組む。目の前にあることを一生懸命にできないのに、幸運が飛び越えてやってくることは、まずありません。二つ目は自分の周りにいる人を大切にし喜んでもらう。周りを蔑ろにして、新たに人を入れ替えても良い人と出会える訳もありません。
年収1億円以上の人へ成功の秘訣は何?とアンケートを取ると、①心身ともに健康であること②正直であること③自分の仕事を愛すること だそうです。

 
私はまだまだ夢の途中、これからが本番です。本年もよろしくお願いいたします。

 

 

2016/01/01